合宿免許はここが安い!

合宿免許はここが安い!

 

合宿免許をお考えのあなた。金額の安さだけに目をうばわれないでください。激安、格安が売り文句のようになっていますが、本当の料金についてしっかり知っておく必要があります。

 

合宿免許の場合は、宿泊施設に連泊して免許証取得になるため、料金として提示してある金額には、教習料、宿泊料、食事代、交通費などがすべて含まれているケースがほとんどです。

 

食事代については、教習所によって含まれていない場合もあるため、その場合は近くにコンビニがあるのかなども確認しておく必要があります。

 

交通費ですが、卒業時に支給されることが多いようです。立替払いで、その金額を全額払ってくれる場合は領収書等はもちろん取っておくことが大切です。

 

その他に交通手段を指定(一番安い高速バス料金)で、その金額を支払う所や居住地によって一律いくらか決めている所などがあります。なお、教習所によっては交通費は支給されない所もあります。しっかりと確認しておきましょう。

 

合宿免許の金額設定は、パック料金となっていることが多いため、追加料金が掛かる事は殆どないでしょう。ですが、その他の仮免許料や高速料金、保険料などが現金払いになっているケースもあるため、入校前に案内書をきちんと読み、不明な点は事前に問い合わせておく事をオススメします。

 

料金の支払いは、現金払いやクレジットを選択することが可能です。ローンを組む場合は、高校生や未成年で無職の方は両親の代理申込が必要です。18歳以上でも仕事をしている方や大学生の方はご自身でローンを組むは可能かと思いますが、連帯保証人が必要でしょう。

 

以上のことに注意して、総合的にいくら掛かるのかを考えないと高くついてしましますよ。

 

 

7月 8月の空き教習所

 

合宿での免許取得には、おおむね16日前後の日数が不可欠になります。会社員では、そのような長期休暇を取得するのは難しい事ですが、学生の場合は、夏休みなどの長期休暇利用して取得する事が可能でしょう。

 

7月、8月夏休みを使い合宿免許に望むのでしたら、観光地や海水浴場付近の教習所を捜してはどうでしょうか。一日中講習があるわけではありませんので、自由時間を有効活用できます。

 

ただ、この様な人気の教習所を予約するには4月~6月中に予約をしないと厳しいかも知れません。しかしキャンセルで空きが出るケースは多々ありますので、あきらめずに探してみましょう。

 

ちなみに夏の観光地の教習所のオススメで海の近くといえば、やはり沖縄の教習所でしょう。教習所から青い海を視るできことが出来たり、椰子の木やハイビスカスが咲く色鮮やかな景色をみながらの授業を受ける事が可能です。

 

女性に評判の合宿の教習所では、リゾートホテル施設が近くにある所ではないでしょか。昼日中は免許を獲得するために勉強に集中し、夜はゆっくりとリゾートホテルを楽しむことが出来ますので、プチ旅行をしているかの様な気分を味わうことが出来ます。